オールインワンゲルの美容効果と特徴について

オールインワンゲルとは一般的に洗顔後、ワンステップでスキンケアがすむ粘性のあるゲル状の化粧品をさします。


ゆるいとろみのある液体状になっており、そこに様々な美容成分や有効成分を溶け込ませることで、ローションや乳液、美容液など様々な機能をあわせ持ち、ケアにかける日常的な時間を短縮できるとともに、肌をこする回数が少なくなるので刺激による負担を軽減できる事や、ゲルが水分を内包するので肌が乾燥しにくいなど実際的なメリットもあります。

魅力的なオールインワンゲルにアクセスしてください。

ゲルが肌のうえにバリアを作るので外的刺激からは肌を守りますが通気を妨げることがないので圧迫感がなく、使い心地が快適なのも特徴です。



忙しくても便利なオールインワンゲルは日常使いのほか大目にぬり、うえからシートをかぶせることでパックとしても使用できます。



またマッサージをする時にはクッションの役目を果たし、余分な負荷を肌にかけるのを防ぎます。
ゲルにする事でコラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸など年齢や肌質に応じて様々な肌によい栄養素を多く配合することができ、またその成分を徐々に放出するので長時間その効果が持続します。
オイルが主体でないので肌が油性にかたむいたりすることもなく、皮脂の酸化を最小限に抑えることができます。

またそのため、オールインワンゲルは化粧下地の役割も兼用でき、ぬったあとじかにメイクをすることも可能です。
オールインワンゲルは肌のタイプや季節に応じて使い分けるとより効果があります。