フリーランスでの競争相手

###Site Name###

フリーランスで重要なのは勤務時間と言う考え方です。
会社ならば、勤務時間が定められており、その時間に働いていれば給料が支払われるので、日々の予定が立てやすく、自己管理も容易です。

一方で、自由な時間に制限があるという欠点もあります。

フリーランスならば、自分の都合に合わせて作業すればよいと考えがちですが、なかなかそうはいきません。



納期が迫っていたりすれば、残業時間の制限などもなく、徹夜で働かなくてはいけない時もあります。



これらを如何に自分で管理するかが、フリーランスで働く際の注意点です。

何時でも働けると言うのは、いつも働かなくてはいけないとほとんど同じです。

自分の判断が間違っていれば、全責任は自分に降りかかってきます。

健康管理も自分の仕事の一部となります。

若い間は無理も効きますが、年齢と共に、体力的、能力的な限界が小さくなり、仕事量が減少していきます。
これにはより単価が高い仕事が依頼されるように、自分のテリトリーを増やしたり、他のフリーランサーができないような業務を追加したりして、効率を上げていかなければなりません。フリーランスの仕事には若い人たちが次々と参加してくると考えなければいけません。


日本人だけでなく、海外の外国人も日本語を習得し、日本の仕事に参加してきます。日本の夜中の時間に彼らは働けるのです。



軽く見てはいけません。


自分の売りは何か、それを発注者に理解してもらう事もフリーランスで働く時の重要な点です。