フリーランスとはどのような職業なの?

###Site Name###

最近若い世代では流行っている、新しい仕事をするスタイル「フリーランス」。


フリーランスとはどのようなものなのでしょうか?簡単に言ってしまえば、フリーランスは個人事業主です。

特にIT系や技術を売りにした仕事をしている場合、会社に社員として所属するのではなく、案件単位で契約をするのがフリーランスです。

Webデザイナー、グラフィックデザイナー、Flashクリエイター、映像クリエイター、声優、ナレーター、記者など、さまざまな職業でフリーランスが存在します。案件が終了すれば契約も終了となりますし、複数の案件を同時にこなすことも可能です。

リクナビNEXT JOURNALの情報はかなり役に立ちます。

会社員よりも時間を自由に使うことができる反面、しっかりと仕事をして信用を築くためには、計画的に案件を進め、確かなものを納品しなくてはなりません。



また、制作費用も交渉する場合がありますので、すべて取引先の言いなりになるのではなく、値段について折り合いをつける交渉能力も必要となります。

自宅で作業をしているような人の場合、納期さえ守ることができれば自由です。

フリーランス情報の公開中です。

深夜に仕事をしたり、カフェにノートパソコンを持ちこんで仕事をしている人もいます。
継続して案件を受注するためには、信頼関係が非常に重要となります。

また、人づてに案件をもらえることもあるため、取引先の人とは仲良くしておいたほうが良いでしょう。

仕事を受注しやすくするためには、ポートフォリオなど、自分の技術をアピールできる作品集があると良いです。